オーディションに受かるには

オーディションを受けるには、何を準備すればいいのか、どんなことを喋れば良いのかということを多くの人が悩むものです。一度のチャンスですから少しでも審査員の印象に残るようにしっかりと自分の良いところをアピールしたいものです。歌が上手なことや容姿端麗なこと、服のセンス、様々なことを考えて準備をしていくものです。しかし、歌手のオーディションであれば歌の上手なことは当然のことですし、モデルのオーディションであれば容姿端麗なことも当然なことです。そこで、オーディションではそのようなものだけではなくその人の総合的なものを見て合否を判断しているのです。

テレビを見ていて好きなアイドルや歌手がいるとして、その人のどこが好きかと聞かれた時に、歌手に対して歌が上手いということをあげるのはもちろんですが、多くの人が他のことをあげたりもっと具体的なことをいうものです。表現力が素晴らしとか、インタビューでの受け答えの内容が素晴らしいとか、その人の努力するところが好き、とか多くの人がその人の人間性を感じられる場面で好きだと答えるものです。

オーディションも同じく上部のものだけでなく、その中に持っている情熱ややる気、人間性といったものを判断して合否が決められるのです。ですから、見た目にばかりとらわれるのではなく中身を充実させる勉強も行っていなければオーディションには合格できないのです。

オーディションを受けるには

そもそもオーディションはどこでどのように行われるのでしょうか。これはなりたいものによっても異なるのですが、最近はインターネットやオーディション雑誌で情報を入手するのが一般的です。芸能事務所のオーディションであれば、事務所にオーディションの開催時期やその募集要項というのが掲載されますし、映画やドラマのオーディションであれば芸能事務所や子役事務所にオーディションの案内が届き、事務所から推薦された子が受験をしに行ったりします。

事務所や養成所に通っていないと不利なように思われがちですが、決してそのようなことはありません。もちろん、事務所や養成所に通っていれば、トレーニングを受けているために受かる可能性もないわけではありません。しかし、出来上がった状態の子を合格させるよりも成長の見込みのある子がオーディションに合格することも多くあるので、事務所や養成所のコネがあれば合格しやすいというものではありません。

日頃から合格するために自分なりにメイクの練習をしたり、歌や踊り、ダンスの練習をしていたり、容姿が少しでも美しく見えるように姿勢に気をつけたりといった努力はもちろんしないよりはしておく方が良いものです。

オーディションを受けたい

アイドルになりたい、ダンサーになりたい、歌手になりたい、映画俳優になりたい、といった芸能界で活躍できるようになりたいと思ったら様々な方法があります。街でスカウトされたり、事務所に履歴書を送ってみたり、事務所の養成所に通ってみたりということを経て多くの人が芸能人へとなっていきます。しかし、事務所に所属できたとしても、養成所に通って卒業したとしても必ずそのあとの仕事が保障されているわけではありません。残念ながら実力社会であるために、そのあとの仕事は自分で取っていくしかありません。

自分で仕事を見つけていかなければならないものの、芸能界の仕事というのは求人情報があるわけではないのでオーディションを受けることになります。オーディションを受けて合格すれば、その役に抜擢されますし合格できなかったとしても監督や審査員に気に入られると他の役で出演できたり他の作品に出演ができたりというチャンスがもらえることもあります。そのため、オーディションは自分がそのあと活躍していくためにとても重要なものなのです。そして、合格をしなければ仕事がない状態が永遠に続いてしまうのです。

そこで、ここではオーディションで合格するために、知っておくべき知識について紹介をしていきます。芸能界で活躍できる人たちというのはごく一握りです。その一握りに入るためにはオーディションに合格することは必要不可欠な条件です。ぜひチャンスを手に入れるためにもしっかりと知識を身につけておきましょう